• HOME >
  • ブログ一覧 >
  • GoPro認証付き! Sandisk Micro SDXC UHS-Ⅱの転送速度を測ってみる

2017.03.10

GoPro認証付き! Sandisk Micro SDXC UHS-Ⅱの転送速度を測ってみる

Sandisc extreme pro

読み取り最大275mb/秒 書き込み最大100mb/秒の高速マイクロSDカード

サンディスクさんからお借りしている最新のGoPro認証済みのマイクロSDカード「Extreme PRO micro SDXC UHS-Ⅱ

Sandisc extreme pro

パッケージ裏側にGoPro認証マーク入ってます!

エクストリームな環境でも問題なく作動!

こちらのアイテムを2月に行ったスノーモービルアクティビティにて使わせていただきました。

気温はマイナス4度と寒く、激しく動くスノーモービルアクティビティでもしっかりと記録を残すことができました!

 

転送速度を実験してみる。

こちらのアイテムでのポイントになるのが、同梱されているこちらのアダプター。これを使うことで読み込みの転送速度が最適化されるということです。

Sandisc extreme pro

と、その前に一度ノーマルのマイクロSDカード用のアダプターでどれくらいの転送速度になるか実験

sandisk micro sd

通常はこの形で転送することが多いと思われます。

gopro転送データ

転送するデータとして容量が1.5GBのGoProで撮影したデータをMacbook Proに転送する速度を測ります。

sandisk micro sd

手動計測なので多少の誤差はあると思いますが、約17秒。

これをベースにして、高速転送アダプターの速度を測っていきます。

 

Sandisc extreme pro

結果は、、、、

Sandisc extreme pro

約7秒と、半分以下の速度となりました!!!

このアダプターと組み合わせることで、高速転送が可能になります。

SDXC-ⅠとSDXC-Ⅱの比較も合わせて行ってみる。

Sandisc extreme pro

ちょっと分かりづらいですが、右側が今回ご紹介している「SDXC-Ⅱ」で左側が旧タイプの「SDXC-1」のマイクロSDです。上で実験した際に、もしかして「アダプター」自体に高速転送のカギがあるのか??という疑問が湧いてきたので、全く同じ実験を旧タイプのもので行ってみましたが、、、

Sandisc extreme pro

結果は、上記のアダプターを装着していない状態とほぼ変わりませんでした。

結論:専用アダプターと組み合わせることで速い転送速度を確保できる。

当然といえば当然ですが(笑)

最適なパフォーマンスを発揮する上で、今回ご紹介したマイクロSDと専用アダプターは常に持ち歩きたいところです。ただ、マイクロSDもそうですが、かなりアダプターも小さいので、持ち運びの際はポーチや専用ケースなどに入れて無くさないようにだけ気をつけたいところです。

  • GoPro認証付き! Sandisk Micro SDXC UHS-Ⅱの転送速度を測ってみる

記事を書いたひと

atsushi

松本 敦

取締役副社長 COO

企画から撮影、編集を行う動画クリエイターです。企業プロモーションだけでなくアクションカム、ドローンなども駆使したスポーツイベントなど幅広く対応させていただきます。