2016.11.22

WordPressで一度公開した記事を予約投稿に変える方法

WordPressの予約投稿機能を使って明日とかに自動公開できるようにしたい、と思っていたら間違って公開しちゃった!なんてこと、たまにあります。筆者は、Really Simple CSV Importerなどの記事一括インポートができるプラグインを使って10記事くらいを将来日付で設定してアップロードしたはずなのになぜか公開状態に。。

なぜか公開状態に

慌てて記事を一旦下書きに戻して、よし!じゃあ予約投稿ボタンを押してっと、、、

下書きに戻す

と、思ったら公開された!なんでだ!

公開された

この日は2016年11月18日、設定よりも過去のため、予約投稿にならないといけないはず。色々ごじゃごじゃしていたら、解決方法が見つかったのでご紹介します。

公開日時を変更してみよう!

1分でも1時間でもいいので、公開日時を変更してみてください。その状態から予約投稿ボタンを押下すると…

予約投稿完了

ステータスが「予約済み」になりました!当記事に関しては30分だけ公開日時をずらし、予約投稿ボタンを押しました。WordPressの仕組み上、公開日時が変わることでトリガーになり、予約投稿ができるようになるようです。なんとも不思議で面倒な事象にぶち当たってしまいましたが、この方法で予約投稿に設定できました。

記事を書いたひと

superstarkei

森本 圭

代表取締役 CEO

Web周りすべてのコンサルタント・ディレクターとしてご相談を承ります。デザイン、コーディングそしてインターネット広告の運用も私自身が手掛けておりますので、内容の濃いコンサルティングが可能です。