• HOME >
  • ブログ一覧 >
  • 「GoPro事業部」新設!〜ワクワクする気持ちを忘れないために〜

2017.01.22

「GoPro事業部」新設!〜ワクワクする気持ちを忘れないために〜

会社の事業の一環として「GoPro事業部」を新設いたしました!

こんにちはGroovoost動画担当の松本です。この度会社の新規事業として「GoPro事業部」を開設いたしました。すでに会社HPの「サービス紹介」にて概要は書かせていただきましたが、さらに詳しくこの事業にかける想いの部分を書いていきます。概要といたしましてはGroovoostの核である思想「ワクワクすること」を体現する事業となります。サービス紹介で書かせていただいた3つのポイントでは書ききれなかった想いを記事にしていきます。

1、ワクワクを忘れないためにまず自分たちが楽しむ

Gopro project1

ありがたいことに現在、様々な業種のプロモーションをWeb、そして動画の両面からサポートさせていただいております。まず情報を発信する「自分たち」が世の中に対してワクワクしているという状態が必要だと感じました。2016年は創業したてということもあり、フル稼働で働いておりました。去年を振り返った時にお互いに少し疲れていた部分がありました。精神状態が追い込まれているとそれは即アウトプットにも影響してきます。もちろん仕事である以上、真剣に取り組みますが、長い目で見た際に自分達が「消耗している状態」では良いパフォーマンスが発揮できないということを考えると、どこかで「心が喜ぶこと」=「ワクワクしている状態」というのを強制的にで作り出す必要がありました。制作者である前に一人の視聴者として「どうやったら楽しめるのか、どうやったら心が動くのか」ということを自ら行動することでより良いアウトプットにつなげるということが一番の目的です。

2、なぜGoProなのか

Gopro project2

初めて僕がGoProを手にしたのが、2011年。まだ「アクションカメラ」という言葉も普及していな時代にこのカメラを手にしました。当時僕は映像と全く関係のないメーカーに勤務していて、漠然と将来のことを考えながらもまだ大きな行動をしていませんでした。詳細は松本個人ブログ「Movie For Life」記事を参照ください。

2011年、最初のGoProを手にした

(この頃はこんなに大きかった)
いままでに見た事のない視点で撮影できるGoProに僕は夢中になり、GoProを使うために外に出るようになった。(基本引きこもり性質あり)

 

大きな転機となったお正月琵琶湖一周自転車ツアー

誰からも依頼されていないにも関わらず、お正月の寒い中、自転車で琵琶湖を一周するというまさに「誰得?プロジェクト」(笑)しかしこのプロジェクトがなかったら僕らが今の会社を作ることはおそらくなかったでしょう。「誰得映像」にも関わらず、意外にも反響があり、おそらく僕はこのプロジェクトから「Web動画」というものに大きな関心が芽生えて、独立の道を歩むことになったと言っても過言ではない。

このあとすぐに森本はベトナムへの駐在で、活動はバラバラになるもののベトナムでもGoProは活躍していた。

僕の方もコンスタントにGoProコンテンツを作り続けていました。

2016年9月、ついにGoProオフィシャルファミリーメンバーに!

GoProヘビーユーザーとしてこれほど嬉しいことはありませんでした。多くを語らなくてもこれだけの実例があれば「なぜGoProなのか」という説明はもはや不要でしょう。大げさな言葉ではなく、僕にとってGoProとは人生の一歩を踏み出す背中を押してくれたカメラなんです。

上記の全てがクライアントワークスではないのですが実は面白いのがこういう「自主制作案件」を見ていただいた方からの仕事の問い合わせというのが実は少なくないんです。実際にクライアント様の担当者で、趣味でGoProが好きな方もおられたりして一見遊びのようでもありながら営業ツールでもあったりするのがGoProのすごいところだと思ってます。ただもとも「営業目的」で作るとそれは途端に面白くなくなってしまうので、やはり「まずは自分達が楽しむ」ということを忘れずに活動していきます!

3、ワクワク感は伝染していく

Gopro project3

楽しい活動をしていくと自然と自分達の周りにも「楽しいこと」が好きな人が集まってきています。例えばYouTubeの動画を見てくれた人が「琵琶湖一周、僕も行ってきましたよ!」などとコメントをくれたり、それこそ海外の人達が日本の面白いことを見つけてそこに足を運んでくれたり、いい形で世の中の「行動量」が増えていったらもっと面白くなるのではないかと思います。まずはその起爆剤として「Web×動画」を軸にしている自分たちが「ワクワク発信ステーション」として活動してまいります。

今後のGoPro事業活動について

以上、新規で立ち上げた「GoPro事業」についての説明ですが、具体的には特に決めておりません(笑)さらに「事業」と打ち出しながら収益の見込みはいまのところ見込めておりません!ただこの活動が弊社にとってメンタル的なこと、さらに会社の核となる思想「ワクワクすること」を体現することには確信を持っております。まずは手始めに(仕事の状況にもよりますが)一ヶ月に一度「GoProアクティビティ」をやっていこうと思っております。また詳細はブログにてお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

Groovoost SNSもよろしくお願いいたします。

Groovoost Facebook
Groovoost Twitter

記事を書いたひと

atsushi

松本 敦

取締役副社長 COO

企画から撮影、編集を行う動画クリエイターです。企業プロモーションだけでなくアクションカム、ドローンなども駆使したスポーツイベントなど幅広く対応させていただきます。